浦和の整体・骨盤矯正なら口コミ1位の「県庁通り整体院」

坐骨神経痛

病院や整骨院に
行っても改善しない
坐骨神経痛でお悩みの方へ

39b9752cb2393faf69881759cb4df343_s

 

 

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • お医者さんから坐骨神経痛と言われた
  • 腰から足にかけての痛みや痺れが1ヶ月以上続いている

  • 手術しかないと言われている

  • たくさん歩いたり座ったりしているとお尻から脚にかけて違和感がある

  • ロキソニンなど痛み止めを飲んでごまかす日々が続いている

  • 整骨院や整形で電気やマッサージをしたが一向に良くならない

  • 仕事にも支障が出てきているが、自分の代わりがいない

  • 一生ごまかしながら付き合っていくしかないと諦めている

矢印そのお悩みお任せ下さい!
坐骨神経痛の専門家
責任を持って施術致します!

 

 

推薦

 

 

有名整体院です

 

 

\お客様の喜びのお声

 

「今では体の動きも楽になりたいへん感謝しています」

phonto

会社を退職して健康管理のためにスポーツジムに通い始めましたが、まだ若いとの意識から無理をして腰を痛めてしまいました。

今までに経験したことのない痛みで、もう歩くことはできないと思うくらいでした。さて、どうしたものかと考えましたがかかりつけなどなくどこに行けばと思案していました。

妻が今までの経験から機器などに頼らずに体を動かすことを中心にして施術していくこちらを探して通うことにしました。

通い始めの頃は本当に大変でしたが、渡邉先生から体の仕組みを説明していただきながらの施術で徐々に良くなり、そして行くたびにいただくプリントのケアを自宅で行い今では体の動きが楽になりたいへん感謝しています。

これからも体の健康維持のためにお世話になっていくつもりです。

(T.Kさま 60代)

※効果には個人差があります

「体はもちろん心も元気になってる事も実感しています」

さいたま市 浦和 ダイエット 整体 骨盤矯正 腰痛のお客様

ひどい肩こりと頭痛、腰痛と全身つらい状態で、強めのマッサージに通っていましたが、いつまでたってもなおる気配がなくどうしようか悩んでいたところ、こちらにお世話になることにしました。

正しい姿勢、歩くことの重要性、それらの根拠を分かりやすく教えていただき実践することで身体はもちろん心も元気になってきていることを実感しています。

(Nさま 30代)

※効果には個人差があります


 

他で良くならない理由

imasia_8062366_M1-e1470652426506

病院や整骨院などいろいろ行ったけど、坐骨神経痛がなかなか改善していないのであればその方法が間違っているのかもしれません。

坐骨神経痛の改善を妨げてしまうものをいくつか挙げてみました。下記の中で一つでも行っているものや過去に行っていたものがあればその方法が間違っているのかもしれません。

1.間違ったマッサージや指圧

2.ストレッチ

3.筋トレ

4.電気療法や牽引療法

5.コルセット

6.痛み止めやシップ

7.手術療法

 

間違ったマッサージや指圧

体には様々な感覚があり、触覚や冷覚、温覚、そして痛みを感じる痛覚。

痛みがあるとその部位に別の刺激を入れることで痛覚が麻痺し、一時的に痛みが和らいだように感じます。

しかし、痛みがある部位が原因ではなく、体が機能を落とした結果その部位に負担をかけて痛みとなっているだけで根本の原因がそこにないことがほとんどです。

そればかりか、継続的に筋肉に圧力を与え続けることで、筋肉はさらに硬くなりより強い刺激のマッサージや指圧を求める体になり余計に症状を悪化させることさえ多いのが実態です。

そのため、お体の全体を把握して根本の原因を見極めて施術を行う必要があるのです。

木を見て森を見ずでは何も解決にはつながっていかないのです。

 

ストレッチ

ストレッチもマッサージや指圧と同じく、坐骨神経痛を妨げる逆効果になることがあります。

筋肉は伸ばされることで切れないようにと、逆に縮まる修正があります。

筋肉は柔らかければいいとか、固いとよくないとかの問題ではなく、全身の筋肉が一緒に連動して動ける、機能する筋肉にしていく必要があるのです。

 

筋トレ

坐骨神経痛などの腰痛になるとお医者さんから筋肉をつけるように言われる方も多いかと思います。

筋肉は体を支えるために必要なものですが、いわゆる一般的に言われている筋トレはアウターマッスルと言われる体の外側にある大きく動くための筋肉を鍛えるトレーニングを指すことが多いです。

ほとんどの方がこのアウターマッスルのトレーニングから始めてしまってるのが現状ですが、

外側の大きな筋肉アウターマッスルが働くには、その前に体の中にある体を支えるための小さな筋肉であるインナーマッスルを機能させてあげてからでないと返って症状を悪化させてしまいます。

さらにそのインナーマッスルと直接つながる骨格や関節そして骨盤のバランスセンサーが機能しないといけないのです。

体を正常に機能させていくには順番があります。お家を建てるときの順番をイメージしてみると

まず土台になる基礎づくりから行い、次に支えとなる柱を立て、最後に壁や屋根などの表面を作ってきます。

表面の壁や屋根をいくらきれいに取り繕っても、土台がしっかりしてないと崩れてしまうのと同じで、体作りもまずはこの土台づくりからしていく必要があるのです。

 

電気療法や牽引療法

電気療法もマッサージやストレッチと同じく痛みのある部位に別の刺激を与えて一時的に麻痺させているだけだったり、筋肉トレーニングのために行ったりしますが、先の文でもお話しさせていただいた通りまずは骨格や体を支えるためのインナーマッスルが機能しないと状態は変わらず、さらに筋肉が他の筋肉と連動していかないと機能していかないため、重力荷の中でさらに動きの中で使っていかないと機能はしていかないのです。

体は重力がかかっている状態で関節に圧力がかかっていないと機能しない、逆に引っ張って関節に陰圧をかけてしまう牽引療法では体を支えるセンサーが機能しなくなり症状を悪化させることさえあるのです

 

コルセット

コルセットは坐骨神経痛など腰に痛みがある方は利用していることは多いかと思います。コルセットは巻くことでお腹の腹圧を上げ体を支えやすくします。

しかし、つけてると安心だからと常につけていると自分で支える筋力とバランスセンサーが機能しなくなり自分では支えられない体を作ってしまいます。

それだけでなく、そもそも体を固定してしまうので本来動くべき体の土台となる骨盤や関節の機能を落としてしまいさらに悪化させてしまったり別の症状を引き寄せてしまうことすらあるのです。

 

痛み止めやシップ

あまりに痛みがあるときは一時的に痛み止めで抑えることは有効です。痛みの悪循環サイクルと言われるものがあり、痛みを感じると自律神経が乱れ筋肉も緊張してしまいます。

このことが筋肉の血流を妨げたり動きを悪くすることで更なる痛みを誘発するといった痛みを増幅してしまうサイクルになることにもなります。

このサイクルを切るために痛み止めで一時的に凌ぐのも良いかもしれません。

しかし、先にお話をしてきたことでもわかるかと思いますが、それが根本改善になっているのかというと疑問点が残ると思います。ずっと飲み続けることで薬物による体の影響やだんだん薬が効かなくなり強い薬へ変わってしまうことを考えるとあまり良い手段とは言えないのではないでしょうか。

シップはこれに加えて、皮膚の動きを悪くすることで機能を落としてしまったり、皮膚が密封状態になったことで、皮膚から出されるべく痛みの熱エネルギーが外に排出できなくなったりもします。

 

手術療法

手術はできれば最も避けたい対処法になるのではないでしょうか

皮膚や筋肉、その他の軟部組織に傷を入れれば、その場所が瘢痕化して硬くなり、本来出るべき動きの妨げとなって本来の動きとは違う動きを作ってしまうことで別の場所が痛くなったりもします。

そもそも、手術をして完全に改善するかの確証が得られないまま体に傷を入れるのは怖いものです。手術前よりもひどくなる場合すらあるのです。

 

 

症状についての説明

30134676139ffe89f8834fe295c13b3c-e1471912865102

そもそも坐骨神経痛とは

もしあなたが下記のような症状に当てはまるようならば、坐骨神経痛かもしれません。

自分に当てはまるものがないかチェックしてみてください

 

・腰やお尻、脚(特に体の後ろ側)時には足の先まで痛みや痺れのような症状が出る

・長い時間座っているとお尻から太ももの裏にかけて痛みや痺れのような感覚がある

・足が痛くなるだけでなく触った感覚が鈍く麻痺した感じになる

・脚が血流が悪く冷たく感じる、もしくは急に暑い感覚に襲われる時がある

・寝ている時間も痛く同じ姿勢にいられない

・朝布団から起き上がる時に、腰が痛くてなかなか立てない

・長時間歩くと腰や脚が痛くなって歩けなくなる

・夕方頃になると1日の負担が来るのか脚の痛みがひどくなる

・重い荷物を持ち上げるなどお尻に力を入れるとお尻に痛みが走る

 

自分に当てはまることはいくつありましたか。

 

坐骨神経痛による「シビレ」の感じ方は人それぞれ

坐骨神経痛の痺れの感じ方は人により様々ですが、主に脚やふくらはぎの痛みやむくみの感覚を持つ方が多いようです

そもそも神経痛と聞くと「痺れる感覚」をイメージする方が多いと思いますが、感じる感覚の表現の仕方は100人いれば100通りと言っても良いほど様々です。

感覚を感じる神経には痛みを感じる痛覚や触った感じの触覚、暖かく感じる温角や冷たく感じる冷角など様々な感覚があり神経に症状をきたしている方はこれらが複雑に絡み合って脳に感覚としての信号を送ります

私は、坐骨神経痛で悩む方を日に5~15人ほど見させていただいていますので、たくさんの症例や経験があります。

坐骨神経痛で悩む方の体に感じる感覚の表現の主だったものを下記にあげます

・痛い

・冷たいもしくは熱く感じる

・触った感覚が鈍くぼんやりする

・突っ張り感がある(ハリがある)

・ジンジンする(シンシンとする)

などの表現があります。

中には筋肉痛だと思っていてそのうち痛みが引くだろうと放って置いたら、一向によくならずに何か変だと何週間も経ってからご来院される方もいらっしゃいます。

また、坐骨神経痛とは正式な傷病名ではなく、お尻から脚にかけての痛みや痺れなどの症状が出た際の総称です。頭がいたければ頭痛といい、お腹がいたければ腹痛と言うのと同じで、その場所の症状を表した名前に過ぎません。

病院で坐骨神経痛と言われた方も、大抵の場合は確定判断ができなかった際に付けられる名前であり、腰椎椎間板ヘルニア由来の坐骨神経痛や脊柱管狭窄症由来の坐骨神経痛など様々な状態が複雑に絡み合っているのです。

 

坐骨神経痛=足のしびれ

一番大事なのは、坐骨神経痛を引き起こしている原因なのです。それを解決しない限り、根本的な改善にはならないでしょう。症状が出ている場所だけ一生懸命マッサージやストレッチをしても根本改善とはいかないのです。あなたの過去からの身体の使い方やクセ、ケガや病歴など様々な要因を考えた上で、本来あるべき正しい身体の状態を取り戻していく施術を行う必要があることがイメージできるかと思います。

 

 

原因

769f2327358198ebbd890161ec7205b3_m

坐骨神経痛になる2つの原因

先にもお伝えしたように、坐骨神経痛はお尻から足にかけての総称であり原因は様々です。

確定判断できない際に言い渡されることが多く、坐骨神経痛だけでなく腰痛を訴える人のうち、約85%は原因が特定できないと言われています。

しかし、あなたの過去をさかのぼり原因を探り、検査や歩行分析など動きの分析をすることで、どこから体が崩れ始め今の症状に至ったのかを探っていくことは可能です。

その結果、症状として出ている主だった原因が2つあります。

「腰椎椎間板ヘルニア」由来の坐骨神経痛と「脊柱管狭窄症」由来の坐骨神経痛です

それぞれ、症状やメカニズムについて下記にまとめてみました。

 

原因1:腰椎椎間板ヘルニア由来の坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因で最も多いのが、腰椎間板ヘルニアだといわれます。

【症状】

腰やおしりから足にかけて、放散するように痛みが発生します。その他、足のふくらはぎの外側にしびれが起こったり、足の感覚が鈍くなったり足に力が入りにくくなったりします。ときに、排尿や排便の障害を起こすこともあります。

【メカニズム】

まず、腰の骨は5個あり骨と骨の間には「椎間板」と言われるゴムのようなクッションになるものがあります。表面から中心にかけては木の年輪のような繊維輪と言われるもの、中心部には髄核と言われるゼリー状のものがあります。この繊維輪が何らかの原因で亀裂が入り中心部の髄核が飛び出し後ろ側にある神経に触れることで痛みや痺れが出ると言われています。

しかし、ゼリー状のものがちょっと触れたくらいでは神経を圧迫するにはいたらないのです。このためヘルニアの手術で飛び出たところを取ったとしても再発することがしばしばあるのです。

ではなぜ痺れるのでしょうか?

正座をした時の痺れのメカニズムと似ています。正座をした時はお尻から足に向けた神経や血管が圧迫され酸欠を起こしたり引き延ばされることで神経症状をきたします。

ヘルニアも腰骨を支えている骨盤がバランスを崩し、傾きが出ることで、左右の腰骨から出ている神経や血管の左右の引っ張られ具合が変わり痛みや痺れへと繋がっているのです。

【症状の判断】

まずはSLR下肢伸展挙上試験(膝を伸ばして足を挙げた時に痛みがあるかどうかを調べる試験)を行うほか、足の感覚や、力の入り方を調べます。加えて、レントゲン検査、MRI検査もしくは脊髄造影法などで判断します。画像を見れば、ヘルニアかどうかがすぐに分かります。

当施術所では、腰部の背骨に対して土台にある骨盤(仙骨)がどのように傾き、動きにどのようにバランス対応しているのかをみるために歩行分析を行なっています。

状態により様々な検査や知覚検査などを行い、さらに過去のケガや病歴、生活習慣、仕事、趣味など様々な要因を合わせて根本的な問題をみつけていきます。

 

原因2:腰部脊柱管狭窄症由来の坐骨神経痛

【症状】

じっとしている時は症状がありませんが、歩き出すと5分もしないでお尻から脚に向けて痛みや痺れ歩けなくなり、座って少し休むとまた歩けるようになると言うのが特徴的な症状です。

歩けなくなる→休む→歩けるようになる→歩けなくなる・・・この繰り返しのことを間欠性跛行(かんけつせいはこう)と言いいます

人により症状は様々で感じる感覚も表現は様々です。

お尻から脚にかけてが痛くなったり、痺れてきたり、触った感覚が鈍く感じる方が多いです。

人により感覚が鈍くなったことで、歩いていて何にもないところでつまずいてしまったり、腰からの神経伝達がうまく行かないことで排尿障害でおしっこのキレが悪くなってしまう方もいらっしゃいます。

【メカニズム】

神経が通る道の腰椎の脊柱管が、腰椎の変形や内部の軟部組織の肥厚などによって狭くなり、背骨の中の脊髄が通る脊柱管内の圧力が高まることで骨盤内部の神経や血管が引っ張られ症状が発生します。

変形の原因は、脊柱管の中の継続的な力が加わることでなると言われています。

一般的には年齢を重ねてそれまでの人生の中で背骨や椎間板、軟部組織などが変成することで脊柱管内の通り道が狭くなるようです。

そのため、椎間板ヘルニアに比べて年齢を重ねてきた中高年に多いのが特徴の一つです。

同じように脊柱管が狭くなっていたとしても中高年の方が若い世代よりも症状として出やすく、その理由は脊柱管内の細胞の脱水が原因として考えられます。

例えば人の体の水分量は胎児では90%、老人では50〜55%と言われています。

お肌の状態をイメージしてもらえばわかりやすいですが、赤ちゃんはツヤツヤでみずみずしいお肌なのに対して歳を重ねた方ですと、はりが少なくなってきたり乾燥してシワができたりすると思います。

体の中でも同じ状態が起きているのです。歳を重ねてきた体の細胞は水分が保ちずらくなり、これが本来ある体のメカニズムを変えてしまうのです。

【症状の判断】

MRIやCT、脊髄の造影法などで検査することが多いです。理学所見としては脊柱の弯曲異常や腱反射、知覚検査などがあります

 

その他の原因

・腫瘍などの異物によるもの

腫瘍などの異物の圧迫による原因も実際に存在しますが、この場合、病院でのMRI検査ですぐにみつけてもらえます。

・仙腸関節由来のもの

仙腸関節という骨盤の関節由来の症状は、「髄核性支点移動」と「椎体性支点移動」によるものとがあります。

聞き慣れない名前かと思いますが、2つとも正常な歩行が得られないままで数年経過した場合やケガのために正常な歩行ができなかったためなど、歩行の際に運動の支点となる骨盤が正常なバランスをとろうとするときに、筋肉や関節の滑らかな働きが低下したために起こるものです。

例えるならば、骨盤は家を建てる時の土台に当たります。腰椎はその土台から伸びている支柱と考えます。

土台(骨盤)が傾けば、その上に伸びている支柱(腰椎)も傾くのがイメージできるかと思います。

人の場合、その傾きを補おうとして、いくつかの支点を作り支えようとして重力に対して全身のバランスを取っていくのです。

その支える支点が、髄核という腰椎のクッションになる部分なのか、椎体という腰椎の骨の関節の部分なのか、ということです。

・梨状筋症候群が原因のもの

これは、お尻の左右にある梨状筋という筋肉が硬くなることで起こるものです。固くなる理由はさまざまですが、多くの場合は症状は軽く、自然に良くなることも多いです。

・DLPFCが原因のもの

以前NHKの番組で紹介されていました。

専門的な名前ですが、説明させていただくと脳の中で痛みの回路を作ってしまうのがこのDLPFCです。

痛みを拾いやすい回路を頭の中で作ってしまう構造ですが、日常の中の様々な癖や生活パターン、個人個人の思考の違いなど複雑に絡み合うためこれだけが原因とするのは難しいかもしれません。

 

 

当院での改善法

IMG_5482

人によって今に至るまで生きてきた歴史が違うので、一概に坐骨神経痛と言っても出る症状はさまざまです

当院が行なっていく改善方法は、まずあなたが今の体を作ってきた歴史を過去から遡るところから始まります。

生活習慣や過去のケガ・クセ・病歴・仕事環境・スポーツ歴・趣味など100人いれば100通りの体を作ってきている歴史があるからです。

次に、疾病形成因子という普段の生活の中で症状を発生させてしまう原因を取り除き、どうやっていけば自然に回復する力を引き出せていけるかを探っていきます。

このことは、人間工学や動作分析に基づいて考えていく必要があるため非常に重要な意味があります。

また、気持ちやメンタルの部分は痛みと直結してきます。

施術だけでなく今のあなたの生活とこれからの人生にどうやったらより良い状態でお手伝いができるのか、しっかりと寄り添いながらプログラムを進めていきます

慎重かつ最善にできるところ、やれることから少しずつ取り組んでいただけるようにご提案しています。

 

坐骨神経症状に対しての直接的な施術アプローチ

これは坐骨神経痛に限った話ではありませんが、痛みがあるとその部位が大元の原因だと思ってる方が多いのですが実はそうでないことがほとんどです。

痛みがある場所は長年の様々な要因の中で体が崩れてしまい機能が低下してしまったことでその場所に負担がかかり痛みという形で表面化しているにすぎないのです。

負担がかかった場所が狭くなり脊柱管内の圧力が上がって痛みが出ていると判断されれば除圧を考えてアプローチしていきます。

その前に、体は様々な骨、筋肉、神経やバランスをとる受容器が複雑に絡み合い動いています。

痛い場所にだけアプローチするのではなく、その症状に至った体の崩れていった順番を逆算して辿っていき、関節や筋肉、バランサー受容器、そしてそれらの一番の土台となる骨盤の機能を改善させ連動して動かせる体を作っていく。

さらに、症状の原因となる日常の癖や疾病形成因子を探り、体の組織づくりに欠かせない栄養面のアドバイスや精神面のフォローなどお一人お一人の目指す目標に向かい、一緒に寄り添いプログラムを進めてまいります。

また、お体の状態によって160種類以上のものから施術メニューを組み、ご自身でもケアができるようにご自宅でのプログラムなどもお話しさせていただきオーダーメイド的施術を行います。

✔︎ もうこの症状とは一生付き合っていくしかないと思ってる

✔︎ 整形外科や整骨院に行ってもなかなか改善しない

✔︎ もう手術しかないのではないかと諦めている

もし、こんなふうに思っていても、あなたの症状の原因となってる部分を「あなたの歴史」から探り出し、悪くしている原因を取り除いていくことで今よりもっと素敵な未来が待っているはずです。

誰でも本気になれば体は改善へと導いてくれます。

今度はあなたの番です。一緒に頑張りましょう。

 

 

お試しキャンペーン

 

4月15日までに
\ご予約の方に限り/

 

トータル整体コース

初回 2,980円
(通常1回 6,300円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

 

0488224393予約フォームへマップ

 

 

エビデンス

 

 

他院とはどこが違う?

矢印

県庁通り整体院の
7つの特徴

 

1. 初回20分以上のカウンセリング・検査で原因を徹底的に特定

IMG_5344

まずはしっかりお話をお伺いしますので、お気兼ねなくご相談下さい。また、痛みの原因の特定が体の本来の機能を取り戻すには不可欠ですので、全身を検査して原因を追究します。

 

 

2. 経験豊富な施術家による、オーダメイド整体。根本的に改善へ

IMG_5425

国家資格をはじめ基礎医学士・痩身カウンセラー・プロ栄養士など多数資格を持った身体のプロが、豊富な経験と幅広い知識を生かしてトータルでサポートします。

 

 

3. 1回で効果を実感!短期間で結果が出やすい

IMG_5509

痛みの本当の原因にアプローチする施術だから、根本改善へと導くことができるのです。高い技術を駆使したオーダーメイドの施術であなたが本来持っている体を取り戻しましょう。

 

 

4. 「根本改善×美容」で健康で美しいお身体へ

IMG_5547

症状からあなたを開放するだけでなく、骨盤ダイエットや耳つぼ、猫背・姿勢矯正などに精通した施術家が健康で美しいお身体へと導きます。

 

 

5. バキバキしない痛みのない優しい施術

IMG_5467

当院の施術は身体に負担の少ない、お子様からご年配の方まで受けて頂ける安全な整体です。安心してお越しください。

 

 

6. しっかり再発予防も!充実のアフターフォロー

IMG_5567

更なる施術効果のアップ&再発予防のため、姿勢や食事・栄養、ストレッチ・体操など身体のプロがしっかりアドバイス!分かりやすいようにお手紙もお渡ししています。

 

 

7. 技術が評判!院長は全国の施術家を技術指導しています

 

IMG-0624

当院院長は今まで多くの技術セミナーを開催し、全国の施術家に技術を指導してきました。業界でも有名な技術です。

 

 

当院を全国の有名整骨院
推薦しています!

 

「きっとあなたのお悩みを解決してくれますよ」

よしだ整骨院
院長
吉田亮院長

東京都杉並区で施術とダイエットを融合させた整体院をしています吉田と申します。
皆さんは腰痛、膝痛などがある時どうしますか?
整形外科?整骨院?マッサージ?シップ?現代では選択肢が色々ありすぎてどこにいったらいいのかわからないですよね。
そんな時は石倉先生の整体院をお勧めします。
身体の不調が起こるのは急ではありません。
普段の姿勢や動き、食習慣なども原因です。それらを全て解決してくれるのが石倉先生です。身体の知識もさることながら、食生活、栄養の知識は群を抜いています。
身体の不調を感じたら「県庁通り整体院」に相談してみてください。きっとあなたのお悩みを解決してくれますよ。

「ほんとにオススメの整体院です」

あけぼの整体院
院長
丸田裕貴先生

福岡で整体院を営んでいます丸田裕貴と申します
石倉先生には施術方法を教えていただくためのセミナーに参加させていただいたのが最初です。
技術だけでなく経営面においても親身に相談にのっていただき、お客様だけでなく関わった方全てに幸せになって欲しいと関わってくださる姿勢は尊敬に値します。
あなたも体の痛みや不調、スタイルなどでお悩みならきっと親身に相談に乗ってくれる先生ですよ。
「健康であることが美容にも繋がる、美容と健康はイコールである」という理念のもとお客様に向き合っている姿勢は本物です。ほんとにオススメの整体院です

「「健康を意識したダイエット」をお考えの方にオススメです」

まえだ整骨院 
院長
前田 亘志

初めまして。
私は兵庫県で整骨院とダイエットを融合した整体院をやっています前田 亘志と申します。

「ダイエットができなくて困っている」「体重が増えてきて今後の身体に不安がある」
そんなあなたにとって石倉先生は頼りになるはず。

ダイエットっていうのは、
「ただ痩せたい」のではなく、「なぜ痩せたいのか?」がとても重要です。

そこの部分を親切、丁寧に耳を傾けてくれてダイエットに悩んでいる方の立場で話を聞いてくれる、信頼のおける先生だからです。

健康的に痩せるための知識や経験が豊富で、たくさんの困っている方を救ってきているのはもちろん、様々な問題に対処できる全国でも指折りのダイエットカウンセラーのお一人です。

また全国にいるダイエットカウンセラーの指導やサポートもされており、多くのカウンセラーからも慕われている先生でもあります。

先生の優しい人柄や口調にも癒されますが、ダイエットや健康についての的確なアドバイスやサポートはダイエットされる方にとっては心強いものになるはず。

ただ痩せればいいのではなくて、「健康を意識したダイエット」をお考えのあなたには石倉先生をお薦めします。

「何に対しても力を抜かずに全力投球する先生です」

オフィスリメイクボディ
院長
古屋直人

東京で整体師をやっております古屋直人と申します。石倉先生とは施術家の集まるセミナーでご一緒させていただいたのが初めてでした。その帰りの新幹線の中、右も左もわからない私に熱心にアドバイスをしてくれたのを今でも覚えています。石倉先生にとっては何の利益にもならないのにひたすら悩みを聞いていただいて、無償の愛を与えることができる人なんだとこの時感じました。
何に対しても力を抜かずに全力投球する姿勢は施術や知識はもちろんのことお客様に対する時も変わらず、きっとあなたの体の悩みを解決してくれますよ

 

 

お試しキャンペーン

 

4月15日までに
\ご予約の方に限り/

 

トータル整体コース

初回 2,980円
(通常1回 6,300円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

 

0488224393予約フォームへマップ

 

浦和の整体なら医師や専門家も通う「県庁通り整体院」 PAGETOP